数ある避妊法のピルとIUD、生理の出血量に変化はあるか

避妊方法にはいろいろな内容のものがありますが、その中でも高い避妊率を誇っているのがピルとIUDです。ピルとは経口避妊薬のことで、日本では産婦人科や婦人科などの医療機関を受診することで購入することができます。毎日決められた時間に服用を続けていくことで、体内の女性ホルモンのバランスを整えていく効果があります。それによって従来のホルモン分泌機能を止めて排卵を止めていくことができるのです。
IUDは子宮に直接取り付けていく避妊具の事で、一度装着すれば年に1,2回の定期健診を受けるだけでその効果を維持していくことができます。IUDは主に受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐことができるので、コンドームなどの避妊具を併用していくことでより高い避妊効果を得ることができます。
ピルを服用する場合でもIUDを服用する場合でも、生理は通常通り始まります。ただ、その出血量には変化が出るケースもあるので注意が必要です。
ピルの場合、女性ホルモンを調節することで、子宮内膜の増殖を止める効果があるため、必然的に生理時に排出される出血量は減っていきます。実際、この作用を活用して過多月経や生理痛の治療にもピルは活用されているのです。
その点、IUDは装着することで生理痛が重くなったり、その出血量が増えてしまうというリスクがあります。IUDを装着した人すべてがそうなるというわけではありませんが、その傾向が強くなるのは明らかです。そのため、元々の生理の出血量が多い人、あるいは生理痛がひどいと自覚している場合にはこの方法は向かないと判断されることもあります。ピルを服用したい場合にもIUDを活用したい場合にも、両者のメリットデメリットを十分にふまえた上で、担当医に相談していくことをおすすめします。