女性に起こりうる性病のあれこれ

女性の性病としては、性器クラミジア、淋病、膣カンジタ、性器ヘルペス、トリコモナス、梅毒、HIVなど様々あります。

こうした女性に起こりうる性病のあれこれ検査する方法には、婦人科の病院へ行って検査してもらう方法が主流ですが、自分で検査することのできる検査キットと言われるものもあります。
これは、ネット上で誰でも購入することができ、検体を検査機関に送付することによって、簡単に調べることができます。
病気によっては、感染していても症状が出ないもの、潜伏期間のながいものがあり、人から人へ感染が広がることが多い現状です。

症状が出るものとしては、水疱や発疹ができて痛みや痒みとともなう性器ヘルペスや、悪臭をともなったおりものが出たり、排尿時に不快感、痛みや痒みのあるクラミジアなど病気によって様々あります。
性病の治療としては、病気によって違いますが、クラミジアやトリコモナスは、感染部位や症状に合った薬などを、2~4週間服用することにより、完治します。
淋病や梅毒は、ペニシリンの抗生物質を内服したり注射することで完治します。
性病を放置すると、症状が悪化し治癒に時間がかかります。

さらに、病気によっては死亡に至る怖い病気ですので、早期治療が重要です。