女性が常備しておくべきお薬

女性が常備しておくべきお薬について、説明したいと思います。
まず、持っておきたいのが生理薬です。
生理薬を常備しておくと、突然の生理痛の痛み・イライラ・だるさなどの症状を和らげてくれます。
薬の種類によって、効果・症状が違いますので、あらかじめ自分にあった薬を調べておくと良いです。
調べても分からない場合には、婦人科の病院に行くことをオススメします。

次に、持っておきたいのが、鼻炎薬です。
鼻炎薬は、急に鼻が詰まったりするので持っておくと便利です。
さらに、花粉症の時期に持っておくと花粉をガードしてくれます。
アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を発症している方の64%が女性と、男性よりも発症しているのです。
明確な理由はわかっていませんが、女性の鼻の粘膜が男性よりも、薄いことが原因だと言われています。
生理薬と同様に、鼻炎薬にもたくさんの種類があります。

どの薬でもそうですが、喘息を持っている方・一度使用したことのある薬で、アレルギー症状がでたことのある方は使用することを、控えた方がいいと思います。
薬というものは、使い方を間違えると大変危険なものですので説明書をよく読んで、注意事項・用量をきちんと守るようにしましょう。