数ある避妊法のピルとIUD、生理の出血量に変化はあるか

避妊方法にはいろいろな内容のものがありますが、その中でも高い避妊率を誇っているのがピルとIUDです。ピルとは経口避妊薬のことで、日本では産婦人科や婦人科などの医療機関を受診することで購入することができます。毎日決められた時間に服用を続けていくことで、体内の女性ホルモンのバランスを整えていく効果があります。それによって従来のホルモン分泌機能を止めて排卵を止めていくことができるのです。
IUDは子宮に直接取り付けていく避妊具の事で、一度装着すれば年に1,2回の定期健診を受けるだけでその効果を維持していくことができます。IUDは主に受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐことができるので、コンドームなどの避妊具を併用していくことでより高い避妊効果を得ることができます。
ピルを服用する場合でもIUDを服用する場合でも、生理は通常通り始まります。ただ、その出血量には変化が出るケースもあるので注意が必要です。
ピルの場合、女性ホルモンを調節することで、子宮内膜の増殖を止める効果があるため、必然的に生理時に排出される出血量は減っていきます。実際、この作用を活用して過多月経や生理痛の治療にもピルは活用されているのです。
その点、IUDは装着することで生理痛が重くなったり、その出血量が増えてしまうというリスクがあります。IUDを装着した人すべてがそうなるというわけではありませんが、その傾向が強くなるのは明らかです。そのため、元々の生理の出血量が多い人、あるいは生理痛がひどいと自覚している場合にはこの方法は向かないと判断されることもあります。ピルを服用したい場合にもIUDを活用したい場合にも、両者のメリットデメリットを十分にふまえた上で、担当医に相談していくことをおすすめします。

生理通を緩和する食材について

女性であれば一ヶ月に一回はやってくる生理の時の生理通にはかなり悩まされるのではないでしょうか。
軽度の人ならいいですが、酷い人だと会社や学校を休まなくてはいけないぐらいの痛みを感じることもあります。
生理通の痛みやだるさもそうですが、むくみやひえを感じてしまう人もいますので、普段の食事を見直して少しでも緩和できるように体を整えておくのも大切です。
特に食材に関しては吟味しておきましょう。
昔からよく言われているのは、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンです。
豆類や豆乳などで積極的に摂る様にしてみて下さい。
ココアもマグネシウムを始めとしたミネラルが含まれているので、自律神経を整えて血行をよくしてくれますから、生理通を緩和させてくれるのに役立ちます。
いろんな食材がありますが、青魚類はDHAなども含まれていますし、ミネラルが豊富です。
果物ならグレープフルーツを食べるのも良いでしょう。
プルーンも鉄分などのミネラルがたっぷりと含まれているので、間食代わりに食べるように置き換えていくなど工夫をしてみましょう。
ビタミンやミネラル類などが含まれている食材を意識して摂るようにすると、痛みの緩和に繋がっていきます。
その逆で、なるべく控えた方がいい食材もあります。
簡単に言えば、血行や子宮を収縮させてしまうような食材は生理時期前後は控えておくようにしてみて下さい。
チョコレートやアイスクリームなど体を冷やしたりするものや、人工的な食材や添加物が多いものは体に負担をかけるので避けておきましょう。
アルコールもビタミンやミネラルを消費させてしまって、ホルモンバランスを乱れさせる原因となってしまうので、飲みたい気持ちを我慢して生理が終わった後にゆっくり楽しみましょう。