ピルを使った妊娠回避について

ピルを使うことで、妊娠を回避することが可能です。正しく使うことでもっとも避妊確率が高く、多くの人に利用されているのが低用量ピルです。
低用量ピルとは、エストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれている経口避妊薬です。毎日1回服用することで、実際には妊娠していない状態でもホルモンの働きにより脳下垂体が妊娠したと感知し、排卵が抑制され、子宮内膜の増殖を抑えることができます。その結果、望まない妊娠を回避することができます。低用量ピルは、服用を中止することで、脳下垂体が妊娠状態が終了したと感知するため、再び卵巣を刺激し排卵を促すようになります。
低用量ピルは、妊娠を回避するだけでなく、生理痛・出血量ともに生理が軽くなり、生理周期を安定させることができます。また、月経前症候群や肌荒れ・ニキビの改善にも効果が期待できます。
低用量ピルは、飲み始めた日から効果が出るわけではなく、服用から1週間程度で避妊効果が出始め、使用を続けることで避妊効果を持続することが可能です。ただし、毎日かかさず飲まなければ避妊効果が得られない事があり、服用始めには副作用として、頭痛や吐き気、胸の張りなどのマイナートラブルがでることがあります。服用始めの副作用は、一時的なもののため、ほとんどが1、2週間程度、最長でも10週程度で落ち着きます。ホルモンバランスが安定することで不快な症状は消えます。
避妊に失敗した場合には、アフターピルを使います。72時間以内に服用することで妊娠確率を下げることができます。定期的に飲む低用量ピルとは異なり、ホルモンバランスを急激に変化させることにより排卵の抑制や受精を妨げることができます。

数ある避妊法のピルとIUD、生理の出血量に変化はあるか

避妊方法にはいろいろな内容のものがありますが、その中でも高い避妊率を誇っているのがピルとIUDです。ピルとは経口避妊薬のことで、日本では産婦人科や婦人科などの医療機関を受診することで購入することができます。毎日決められた時間に服用を続けていくことで、体内の女性ホルモンのバランスを整えていく効果があります。それによって従来のホルモン分泌機能を止めて排卵を止めていくことができるのです。
IUDは子宮に直接取り付けていく避妊具の事で、一度装着すれば年に1,2回の定期健診を受けるだけでその効果を維持していくことができます。IUDは主に受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐことができるので、コンドームなどの避妊具を併用していくことでより高い避妊効果を得ることができます。
ピルを服用する場合でもIUDを服用する場合でも、生理は通常通り始まります。ただ、その出血量には変化が出るケースもあるので注意が必要です。
ピルの場合、女性ホルモンを調節することで、子宮内膜の増殖を止める効果があるため、必然的に生理時に排出される出血量は減っていきます。実際、この作用を活用して過多月経や生理痛の治療にもピルは活用されているのです。
その点、IUDは装着することで生理痛が重くなったり、その出血量が増えてしまうというリスクがあります。IUDを装着した人すべてがそうなるというわけではありませんが、その傾向が強くなるのは明らかです。そのため、元々の生理の出血量が多い人、あるいは生理痛がひどいと自覚している場合にはこの方法は向かないと判断されることもあります。ピルを服用したい場合にもIUDを活用したい場合にも、両者のメリットデメリットを十分にふまえた上で、担当医に相談していくことをおすすめします。

生理通を緩和する食材について

女性であれば一ヶ月に一回はやってくる生理の時の生理通にはかなり悩まされるのではないでしょうか。
軽度の人ならいいですが、酷い人だと会社や学校を休まなくてはいけないぐらいの痛みを感じることもあります。
生理通の痛みやだるさもそうですが、むくみやひえを感じてしまう人もいますので、普段の食事を見直して少しでも緩和できるように体を整えておくのも大切です。
特に食材に関しては吟味しておきましょう。
昔からよく言われているのは、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンです。
豆類や豆乳などで積極的に摂る様にしてみて下さい。
ココアもマグネシウムを始めとしたミネラルが含まれているので、自律神経を整えて血行をよくしてくれますから、生理通を緩和させてくれるのに役立ちます。
いろんな食材がありますが、青魚類はDHAなども含まれていますし、ミネラルが豊富です。
果物ならグレープフルーツを食べるのも良いでしょう。
プルーンも鉄分などのミネラルがたっぷりと含まれているので、間食代わりに食べるように置き換えていくなど工夫をしてみましょう。
ビタミンやミネラル類などが含まれている食材を意識して摂るようにすると、痛みの緩和に繋がっていきます。
その逆で、なるべく控えた方がいい食材もあります。
簡単に言えば、血行や子宮を収縮させてしまうような食材は生理時期前後は控えておくようにしてみて下さい。
チョコレートやアイスクリームなど体を冷やしたりするものや、人工的な食材や添加物が多いものは体に負担をかけるので避けておきましょう。
アルコールもビタミンやミネラルを消費させてしまって、ホルモンバランスを乱れさせる原因となってしまうので、飲みたい気持ちを我慢して生理が終わった後にゆっくり楽しみましょう。

低容量ピルでホルモンバランスを整え美肌を手に入れる

美肌とホルモンバランスの関係については、今さら語るまでもありません。ホルモンバランスが整っていることで、美肌を手に入れることが可能であると考えられるようになってから久しいですから、多くの女性がこのことは意識していると思います。
問題は、ホルモンバランスをいかにして整えるかというところにあります。バランスを調整することができる薬もあれば、いわゆるサプリメントに効果を期待することも今では可能です。
そんな多様な美肌効果へのアプローチの中で、一風変わった方法ながら多くの女性が注目するようになってきている方法があります。それが、「低容量ピルを服用する」という方法です。
ご存知のとおり、低容量ピルは、避妊薬として非常に高い効果が期待できる口径薬です。しかしこの「低容量ピル」は、実は避妊の目的以外で服用されることも意外と珍しくないのです。そして、その効果のひとつとして、「ホルモンバランスを整える」という効果が期待されています。
ホルモンバランスの調整は、美容の分野に限らず、いろいろな理由で必要とされることです。そういった意味で、多様な目的で低容量ピルが多くの女性に服用されていることになるわけですが、もちろん美容目的で服用する女性もかなり多くなってきているのです。
そして、中でも代表的な目的となるのが、「美肌効果」ということになります。ちなみに、美肌以外では、月経痛を軽減できる、経血の量を減らすことができるといった、女性特有の悩みのために、低容量ピルは効果を発揮します。
さらに、更年期障害への対策として、あるいは骨粗鬆症の予防として、低容量ピルが服用されるということですから、まさに女性にとっては非常に強い味方であるといえるでしょう。

副作用のおそれが比較的少ない低容量ピル

ピルというのは、予定外の妊娠を避けるため、女性自身の意志によって、妊娠をコントロールすることできる手段です。生理の周期にあわせて、一定の数の錠剤を毎日服用することによって、計画的に避妊をすることができ、正しく用いればその効果はほぼ100パーセントに近いというすぐれたものです。
現在、わが国で出回っているピルのほとんどが低容量ピルとよばれるものですが、かつては中用量や高用量といったものが使われていました。ピルの成分としては、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという、2つの女性ホルモンが挙げられますが、これまでの中用量や高用量のものでは、ホルモンの含有量が多く、めまい、吐き気、頭痛、下腹部痛、不正出血などの副作用が避けられないといった事情がありました。
低容量ピルは、こうしたホルモンの量が少ないタイプの製品であり、そのために副作用のおそれもより少ないということがいえます。最近では錠剤中に含まれるホルモンの量を、飲み始めの時期から段階的に加減することによって、全体としてのホルモンの量がさらに少ないタイプの段階型ピルとよばれるものも発売されており、副作用についてはかなりの改善がみられるところです。
ただし、こうした低容量ピルであっても、飲み始めて数日から数週間程度の時期にかけて、同様に吐き気やめまいなどの副作用を訴える女性もなかにはみられます。これは、体内の女性ホルモンの量のバランスが崩れたための一時的な体調の変化ですので、基本的には継続して飲んでいるとしだいに感じられなくなります。もし副作用がひどい場合には、処方した医師や薬剤師に相談して、銘柄を変えてもらうか、しばらく服用をやめて様子をみるなどするのがよいでしょう。

女性が常備しておくべきお薬

女性が常備しておくべきお薬について、説明したいと思います。
まず、持っておきたいのが生理薬です。
生理薬を常備しておくと、突然の生理痛の痛み・イライラ・だるさなどの症状を和らげてくれます。
薬の種類によって、効果・症状が違いますので、あらかじめ自分にあった薬を調べておくと良いです。
調べても分からない場合には、婦人科の病院に行くことをオススメします。

次に、持っておきたいのが、鼻炎薬です。
鼻炎薬は、急に鼻が詰まったりするので持っておくと便利です。
さらに、花粉症の時期に持っておくと花粉をガードしてくれます。
アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を発症している方の64%が女性と、男性よりも発症しているのです。
明確な理由はわかっていませんが、女性の鼻の粘膜が男性よりも、薄いことが原因だと言われています。
生理薬と同様に、鼻炎薬にもたくさんの種類があります。

どの薬でもそうですが、喘息を持っている方・一度使用したことのある薬で、アレルギー症状がでたことのある方は使用することを、控えた方がいいと思います。
薬というものは、使い方を間違えると大変危険なものですので説明書をよく読んで、注意事項・用量をきちんと守るようにしましょう。

女性ホルモンと生理痛の関係

生理痛とは生理に伴って起きる身体の様々な症状の事を言います。
代表的なものとして下腹部痛や腰痛等が挙げられます。
こうした生理痛は、女性ホルモンの影響が大きく受けています。
女性ホルモンと生理痛の関係は、まさに切っても切れないものなのです。

女性ホルモンは男女問わず体内に存在するホルモンですが、必然的に女性の方が分泌量が多いので、女性に大きな影響を与えるホルモンです。
生理や妊娠は言うまでもありませんが、それ以外にも様々な精神や身体の不調に関わりがある存在です。
人間の体内には全部で40種類以上のホルモンが存在していますが、その中で女性ホルモンと呼ばれるものは2種類です。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼ばれるホルモンで、女性らしさを作るホルモンとして知られています。
黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれるホルモンで、妊娠を助けてくれる働きをします。
これらの女性ホルモンは卵巣で作られています。

そして、その分泌のバランスを司っているのが脳の視床下部を呼ばれる部分です。
視床下部は、常に体内の女性ホルモンのバランスを整えるために働いています。
しかし、視床下部はストレスの影響を受けやすい部分でもあるため、多くのストレスを受けると体内の女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
その結果、生理痛等の形で身体に影響が出てしまうのです。

女性に起こりうる性病のあれこれ

女性の性病としては、性器クラミジア、淋病、膣カンジタ、性器ヘルペス、トリコモナス、梅毒、HIVなど様々あります。

こうした女性に起こりうる性病のあれこれ検査する方法には、婦人科の病院へ行って検査してもらう方法が主流ですが、自分で検査することのできる検査キットと言われるものもあります。
これは、ネット上で誰でも購入することができ、検体を検査機関に送付することによって、簡単に調べることができます。
病気によっては、感染していても症状が出ないもの、潜伏期間のながいものがあり、人から人へ感染が広がることが多い現状です。

症状が出るものとしては、水疱や発疹ができて痛みや痒みとともなう性器ヘルペスや、悪臭をともなったおりものが出たり、排尿時に不快感、痛みや痒みのあるクラミジアなど病気によって様々あります。
性病の治療としては、病気によって違いますが、クラミジアやトリコモナスは、感染部位や症状に合った薬などを、2~4週間服用することにより、完治します。
淋病や梅毒は、ペニシリンの抗生物質を内服したり注射することで完治します。
性病を放置すると、症状が悪化し治癒に時間がかかります。

さらに、病気によっては死亡に至る怖い病気ですので、早期治療が重要です。

ホルモンバランスの調整

entry_img_02生理不順と言っても人それぞれ、生理にかかわる多くの悩みが存在します。
生理痛・腰痛・頭痛・吐き気・憂鬱感・イライラ・不安感・焦燥感・気分の悪さ、などの症状を伴う月経困難症や月経前症候群に対しても処方される定番のお薬です。

このトリキュラーを使用することで、ホルモンバンランスが安定し、生理痛が軽くなり、生理が苦痛でなくなります。
生理周期(生理が始まった日から次の生理が始まる日をいいます)を28日に整えることができるため、生理日が把握でき、毎月のスケジュールが格段に立てやすくなります。

生理が重なると困る旅行などの際にも、生理を簡単にずらすことができるようになります。
又、生理の出血量が減ることによる貧血の改善にもつながります。

ホルモンバランスの乱れから、多くの人が生理前や生理中の肌荒れに悩みます。
トリキュラーの使用により、ホルモンバランスの安定による肌荒れを改善ることもできます。

又、長く飲み続けることで卵巣がん・子宮がんをはじめとする女性特有疾患のリスクの低減にもつながります。

気をつけるべきことはたった一つで、服用忘れをしないことです。
忙しいとついつい忘れてしまいがちですが、飲み忘れてしまうと、場合によっては最初からのみはじめなければならなくなりますので注意が必要ですが、この一点を守れば生理不順改善におすすめのお薬です。